古かったり、状態の悪い車の場合は、査定をしてもらってもお金

愛車を売却するときに気をつけたほうがよいの

古かったり、状態の悪い車の場合は、査定をしてもらってもお金

Category : 車一括査定

古かったり、状態の悪い車の場合は、査定をしてもらってもお金にならない、なんてことがままあります。
具合的な話ですと、発売から時間が経っているもの(10年以上)、また10万キロを超えているもの、改造車や劣化の激しいもの、エンジンのかからない車や事故で大破したものは値段をつけてもらえないことが多いようです。もちろん、業者の中にはこうした事故車や動かない車だけを取り扱ってくれるところもあります。

状態の悪い車の処分をお考えの方はそういった専門業者に頼んでみるのが良い方法だと言えます。トラックで人気な色といえば、ホワイトが常に人気です。

ところが、他の車種の場合は、ホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。売り上げの高い色、要するに、大勢から支持されている無難な色が査定結果に有利に働きます。


たとえ同じ色だとしても、パール系やメタリック系の色の方が、ソリッドカラーよりも査定結果が良いそうです。
また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。
二重査定制度とは、査定額を後から変更できる制度のこととなります。
車買取業者に査定の依頼をして、査定額が決まったとします。本来、その金額で査定をしてもらって終わりですが、後に故障箇所や傷が発見される場合もありますよね。
そんな時には、決まっていたはずの査定額が変更される可能性がありえます。