子供を授かったので、2シーターの車を買い換え

車を買い取ってもらうなら中古とはいえ、そこそこの値段

子供を授かったので、2シーターの車を買い換え

Category : 車一括査定

子供を授かったので、2シーターの車を買い換えることにしました。
この車とは独身時代からの付き合いですので、一言では言えない想いがありました。新しく車を購入するため、売却することにしました。

まさかの、査定額は下回ったのですが、傷もあるので、仕方ないのかもしれません。

自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。


車売却というのは本来大きな金額が動く行為ですね。

例えいくら親密な関係の友達であったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、重要項目についてはきちんと書面に書き残しておくべきです。

口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。中古車査定業者に車を売ることを考えた場合、一つの業者だけに査定をたのまず必ずいくつかの業者を使い、次に洗車を済ませ、加えて、車検証や保険証書(自賠責)など必要書類は用意をしておきましょう。



これも大事なことですが、後の方になってから一悶着起きることのないように、事故を起こして修理したことなどは率直に伝えておくべきでしょう。もしも業者の出す査定額が不服ならそこはきっぱりあきらめて不満をためることのないようにします。車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですが洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。

常識的に考えると、洗車を済ませてきれいにして、こざっぱりさせておきたいところですが、でもこうすると、車体についた細かいキズが、はっきり見えるようになってしまいます。とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。洗車するしないには全く関わりなく車についたキズのチェック漏れなどはあり得ないでしょう。



そういうことなら、査定人に良い印象を持ってもらうため、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。自分が所持している車に全く馬鹿にしているような査定金額を査定士に示された時は、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えるとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。新品の自動車に買い換える時、今まで使用してきた自動車は販売業者で古いほうを買い取ってもらう方がたくさんいると思います。


しかしながら、ディーラーでの調査では製造年と走行距離によって判断されてしまう事が割合が多くなっていますから、中古車市場で評判がある自動車でも、それほど高いお金の査定は期待することはできないでしょう。



自賠責保険の契約を解除すると残存期間によった返金があるのですが、車両を売却する場合は買取業者が名義の書き換えで対処するので、返戻金はもらえないでしょう。でも、その分買取額を高くしてもらえることが多々あります。また、自動車任意保険の際は、保険会社に聞いて、返戻金を受け取るようにしてください。


業者が提示した買取額で了解し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。


基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、最新の納税証明書の原本が必要です。



印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合は認め印で済むので印鑑証明書も要りません。



車一括査定業者による主な査定点は、年式や排気量、走行距離、車検までどれだけあるのか、車体に傷が無いのか、車内の状態なども重要なポイントです。

他にも、新車種の発売前やモデルチェンジなどのタイミングでも査定結果が良くなるそうなんです。タイミングを見計らって、同時査定を受けて業者の査定額を比較検討し、業者に査定を依頼する前に、洗車や車内清掃で出来るだけ綺麗にしておくと良いです。こうしたことが査定額を上げ、満足出来る取引のちょっとしたポイントなのです車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、多少なりとも空白期間ができることもあります。


代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合は実車査定の段階以前にあらかじめ契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。



同じ業者でも店舗が違うと台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため気をつけてください。