国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係

事故車の修理料金は、想定以上に高くつきます。廃

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係

Category : 車を売りたい

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不満やトラブルの報告があがってきます。近年はとくに売却(買取)絡みの電話が多く、全体に占める割合も増えています。よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。
おかしいなと思ったら、冷静な第三者に相談するのが大事です。諦めてはいけません。



前に、知り合いの中古車を扱っている業者の方に、長い間乗っていた車を査定してもらいました。


ほぼ廃車同然だと言われてしまい、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、車の下取り価格は3万円という結果でした。行く末は、その車は修理を経て代車などに使われているようです。
愛用の車を廃車にする時に自動車税が還付されますが、実は車買取に出した場合にも還付されることをご存知の方は少ないと思います。


車を手放す時には、自動車税は残った期間分を返金してもらうことが可能なのです。
逆に中古車を購入する際には、次の年度までの期間に合わせて払う必要があるということですね。
自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、業者ではなくて個人に売るという場合もあるでしょう。売り手と買い手の間に業者が介入しない分、売却側と購入側双方が得するように売買可能になるのです。
しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるのでとても面倒ですし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。


お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

車査定サイトなどを通して、利用したい業者を選んだら、次は、その業者に現物査定を受けることになりますが、実車査定の時点で揃えておきたい書類があります。

自動車検査証、いわゆる車検証ですが、これと自賠責保険証書です。



査定の日が近づいてきてからあたふたしないで済むよう、自動車納税証明書など、売却の時に提出するいくつかの書類がありますから、それと共にちゃんと一式揃えておくべきでしょう。必要書類を紛失していた場合は、再発行の手続きを行わなければなりませんし、余裕を持って揃えておくようにしましょう。



誰もが気軽にインターネットを利用できる世の中になったことで、車の査定は大きく変わりました。とても効率よくしかも素早く行えるようになっています。

パソコンを立ち上げ、一括査定サイトにつなげて納得できる査定額をつける業者が判明したなら、そこに現物の車の査定を頼む、という段階へ進めます。なので、仕事や家の用事でなかなか時間が作れないという場合でも納得のいく業者を選んだり、不満のない査定にできるはずです。パソコンはもちろん、最近ではスマホでも利用できるので、これだと場所も選びません。

愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、売却金を即金で引き渡してくれる店舗を探すと良いですね。


大きな声で即金対応できますと言っていないところでも、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

でも、即金対応してもらう場合には、足元を見られる結果となり、低めの査定額を出されるかも知れません。
現金をすぐに持ち帰りたいのかちょっとでも良いから高額で査定してもらいたいのか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、後者が上回るのであればすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。車検が切れた車の査定についてはもちろん、査定は受けられるのですが、しかし車検切れの車は公道を走ると法に触れますので、出張査定を受けることになります。
実際のところ車検をちゃんと通してから売却しようとするより、もう車検は切らしておいたまま売却した方が、車検代を思うと絶対にお得ですから、きっぱり出張査定を受けてしまうのが良いです。そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると手間かもしれませんが得になります。

3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。


中古車市場での需要が高まる季節には同時に買取の相場も高くなります。
そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。
売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。
ライフステージが変わって乗り換えることにした、など乗っている車を手放す決心をし、売りに出そうとするなら、できるだけ高値で売れれば良いのに、と願うのではないでしょうか。


ところで、その車が世間で人気のあるカラーであったとしたならば、査定時に思わぬ高値がついたりすることがあり、嬉しい誤算となるかもしれません。その時々で流行りや人気の色、というのは変わりますが、例えば白、黒、またはシルバーなど、あまり主張しないような色は使いやすいということもあるのでしょう、いつでも人気のあるカラーです。