査定時、実際には車の何を見るのかというと車の

車の査定額を算出する際、事故車だったケースには、

査定時、実際には車の何を見るのかというと車の

Category : 車ネット査定

査定時、実際には車の何を見るのかというと車のメーカー、車種だけ見るのではなく、車検証に記載された内容から、年式、グレード、カラーの情報を取得することも基本中の基本です。



それから、例えばエアコンの効きからウインカー、車そのものの動作に至るまでチェックは行われ、エンジンルームをくまなく点検することも行うことになっていますし、そうした作業も含めると、査定自体にかかる時間というのは早くて15分、もしくは30分程はかかるのが普通であるようです。

査定の額を高くする方法として、多くの人が最初に思いつくのが洗車でしょう。
車を綺麗に洗った状態で査定に挑むと印象がアップし、査定額の評価が高くなります。

その時に、ワックスをかけておく必要もあります。


さらに、車内の脱臭をするのもすごく大事です。ペットやタバコの臭いによりマイナス査定となるので、脱臭は必ずしましょう。一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというとこれは実は、洗っておくべきという人と、洗わないでおいた方がいい、という人がいます。
普通に考えると、査定の人に見てもらうのですから、きれいにしておくのが当たり前のようにも思えますが、そうすると、汚れの下に隠れていた微細な傷まで露わになってしまうわけです。

理屈としてはわかりますがしかし、査定人もこのための訓練を受けてきたプロです。

洗車するしないには全く関わりなく車についたキズのチェック漏れなどはあり得ないでしょう。

そうであるとするなら、担当者の印象を悪くしないためにも、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。