車査定では、走行距離が長ければ長いほどマイナスに評

一般的に中古車の買取市場において言えることは、大

車査定では、走行距離が長ければ長いほどマイナスに評

Category : クルマ買取

車査定では、走行距離が長ければ長いほどマイナスに評価されます。



特に10万キロ超えの車だと希少価値があって、高い相場で買い取れる車種でも、ゼロ円で査定されると考えておいてください。
同じ車で走行距離が変わらなければ、乗った期間が短いほど査定では不利になります。短期間に酷使された車だと評価されるのが普通だからです。

実際に車査定を受けるなら、ふつうは3月が一番良いそうなのです。なぜ、3月がおススメなのでしょうか?それは生活環境の変化によって4月は中古車の需要が急増しますから、中古車市場が最も大きく動く時期なのです。需要が高くなるということは、気になる買取価格についても、多少は高めに買ってもらえるようです。


それに付け加えると、この時期は自動車税も関係してきますから、3月中に査定も売却も終わらせてしまうというのがおススメです。一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというと洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。査定人に見てもらう時に、見苦しくないようにきれいにしておけば良いだろうと考えてしまいますが、きれいに洗車してしまうと、結果として隠れていた細かいキズも目に見えるようになってしまうのです。

確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、そうはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。



洗車をしたかどうかに関わらずキズを見落としたりする訳がありません。

そうであるとするなら、担当者の印象を悪くしないためにも、汚れを落としてきれいに洗っておけば良いでしょう。